ジブリ美術館のチケット・口コミ情報

ジブリ美術館のチケット・口コミ情報、駐車場、スタジオジブリの作品やグッズや物語、都市伝説を紹介。
 

2011年03月22日

ジブリ 都市伝説 耳をすませば

ジブリ作品の耳をすませばの都市伝説をいくつか挙げてみたいと思います。

実際に小ネタも作中に仕込まれていたりするんで代表的なものから簡単に紹介です。


・猫の恩返しは、耳をすませばの月島雫が書いた小説のお話だった。


・耳をすませばは、柊あおいさんの漫画を原作とした映画だが4回で連載打ち切りだった。


 後日、ジブリより映画化の話を受けた時、「冗談でしょ」と思わずツッコミを入れ逆に怒られた。


・オープニングの多摩から都心を望む夜景、平成狸合戦ぽんぽこのエンドロールからの続きである。


 そのため、月島雫と天沢聖司は狸から住みかを奪った人間達が住んでいる多摩に暮らしている。


・地球屋でのカントリーロード演奏シーンで楽器を演奏していた老人の声を演じていたのは、
バロンのくれた物語の背景画を製作した井上直久さんとプロデューサーの鈴木敏夫さんである。


・魔女の宅急便で協賛していたクロネコヤマトの車が走っているシーンがある。


・原田夕子の父親の「おかえり」というセリフ、声優は一般人でオークション番組で落札したもの。


・原田夕子の父親が見ている野球中継の解説者は江川卓さんである。


・地球屋にあるドワーフの置時計には、紅の豚の名前が「Porco Rosso」と文字で刻まれている。


・月島雫が物語作りに悩み夢を見る場面で、魔女の宅急便の黒猫ジジ、となりのトトロの小トトロが人形工房に並べられている。


・天沢聖司が読んでいる本「霧のむこうのふしぎな町」は在する、千と千尋の神隠しの基になった。


・天沢聖司がイタリアに行く前日の夜、月島雫が電車に乗る時、外のビルに「耳をすませば」と書かれたものがある。


・耳をすませばのエンドロールには原田夕子と杉村のその後が描かれている。

【送料無料】耳をすませば【Blu-ray】

【送料無料】耳をすませば【Blu-ray】
価格:5,284円(税込、送料別)



posted by トトロ at 16:56| ジブリ 都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。